スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する


グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
(2006/04)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


目次
第1章 世界を震撼させた「破壊戦略」
第2章 小さな駐車場の「サーチエコノミー」
第3章 一本の針を探す「キーワード広告」
第4章 メッキ工場が見つけた「ロングテール」
第5章 最大の価値基準となる「アテンション」
第6章 ネット社会に出現した「巨大な権力」

佐々木さんの本は面白いものが多い。恐らく著者自身の日々のインプットの量が半端ないからだと思うのだけど
(逆に考えれば、面白くなるためには大量にインプットすりゃあいいわけだ。みんながんばろうず)

多分インターネットをやっている人で知らない人がいないサイトとして、ヤフー、楽天、そしてGoogleがあると思うのだけど、Googleにお金を払っている実感がある人は殆どいないはず。

本書には、じゃあGoogleはどうやって設けてるの?という疑問から、インターネットによって、最近どう商業に変化が起きてきたかや、Googleの行き着く先の予想なんかが書いてある。

まあ本の内容は目次と上に書いたことで大体予想つくと思うので、置いとくとして、何でGoogleなんていう化け物が生まれたのかなんていう事が、結構僕の興味をひく(これは本に直接は書いてない)

シリコンバレー系から巨大産業になったものはFaceBookしかりGoogleしかり、どうもお金儲けはひとまず置いといて、やりたい事をやりまくった結果、巨大になるものがどうやら多いらしい。

いわれてみればNapstarなんて何がしたかったのか、確か高校生?当時の僕には本当にわからなかった(まあ随分とあの当時はびっくりしたけど)

Googleなんてただの検索エンジンでしかないと思ってたら今や何でも提供する不思議企業(携帯電話なんてねー。誰が想像したんだか)

ここに僕らの行きかたのヒントが書かれている気がする。多分、興味を引くこと(お金に負けないぐらい面白いという条件付)を追い続けていると、そのうち人生が化学反応を起こして、うまく行くと検索エンジンから不思議系企業になったりするんじゃないかと。

そんなことをこの本読みながら思ってました。まあ他の本に結構そういう類の事は書いてあるんだけどもね。

まあ自分のやりたいことができるうちは幸せさ。奴隷(社畜)よりニートを、ニートより職業的自由人を。というスローガンの政党を誰か作ってくんねーかな
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大学生になった僕としてはコウノトリさんの書評楽しみにしてます。
オススメの本があればバンバン紹介してもらえると時間の関係上
読む本を選ぶ必要あるんでオススメの本があればぜひ紹介してくだしあ。

Re: No title

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51310623.html
この辺りから選べば、大体は当たりです。
本当に読んだほうがいい本なんていうのは目的ごとに色々かわってきますので、難しいですね・・・

No title

サイト紹介ありがとうございます。
今青春の蹉跌という本読んでます。
小説読むと世界が広まりますね。
コウノトリさんのいうように分野ごとの名著良書は
ありますが万人に普遍的な名作は確かになかなか
難しいですね。個人的に太宰治の小節ははまりました。

Re: No title

小説を読むのもいいですが、若いうちは自己啓発本とか、実用書(経済、科学なんでもよい)がオススメです。

ある程度自己啓発本を読み込むと、予備校講師やインチキ宗教家の洗脳にかからなくなるし(笑)
実用書を読み込むと、小説の読みの深さが変わってきます。

この分野でオススメなものだと、
自己啓発→七つの習慣(少し読むの大変なら、簡易版のほうでも良い)
http://www.amazon.co.jp/7%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3%E2%80%95%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AB%E3%81%AF%E5%8E%9F%E5%89%87%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BBR-%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4906638015/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1304048640&sr=8-1
http://www.amazon.co.jp/7%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4906638201/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1304048640&sr=8-2

実用書だと
ヤバい経済学
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%90%E3%81%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6-%E5%A2%97%E8%A3%9C%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BBD%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/4492313788/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1304048688&sr=1-1
不道徳な経済学
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E9%81%93%E5%BE%B3%E3%81%AA%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E2%94%80%E2%94%80%E6%93%81%E8%AD%B7%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E3%82%92%E6%93%81%E8%AD%B7%E3%81%99%E3%82%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4062814145/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1304048724&sr=1-1
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
http://www.amazon.co.jp/%E6%AE%8B%E9%85%B7%E3%81%AA%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E7%94%9F%E3%81%8D%E5%BB%B6%E3%81%B3%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95-%E6%A9%98-%E7%8E%B2/dp/4344018850/ref=ntt_at_ep_dpt_3

などがオススメです。基本的に世間の常識を疑う系の、良著を読み込んでおくといいです。
あとは個人的には、科学者とか経済界の巨人の自伝とかをよく読みました。

成功するにはどういう風な努力が必要なのかをある程度おさえておくと、人生の覚悟が決まるような気がしたので。

まあ読むのに困ったら、橘玲さんの本を選んでおくと間違いないかな。

No title

自己啓発本は僕にとっては未知のジャンルでした。今度本屋でチェックしたいと思います。
あとツイッターでコウノトリさんが勉強法書くのが大変だと書いてありましたが僕が寄稿という形で何科目か勉強法書きますか?
僕は国立大学の歯学部ですがたぶんある程度(偏差値65ぐらい)の
人まで対象のことはかけます。

Re: No title

ありがとう。勉強法は合格体験記という形にはなってしまうけど、そういう形でいいなら是非寄稿してほしい。

多分普通に僕のサイトに載せると、一部の人から凄いクレームが双方に飛ぶと思うので(笑)

No title

確かにそうかもしれません(笑)
じゃあ科目ごとにメールで原稿送るので著作権の関係上
ぼかした方がいい箇所があればコウノトリさんの独断で修正
してもらって結構です。受験時代に参考にした個人サイトとか引用元のurlは一応すべて載せときます。
プロフィール

kounotori0305

Author:kounotori0305
Twitter ID
@takasuka_toki

Mail address
takasuka-toki☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に変えて下さい)

某大医学部生。

昔、医学部受験の方法論というwikiを作りました。
ここでその改訂版を公開します。

このサイトの趣旨

頭のいい人のための勉強方法ではなく
どんなに勉強しても偏差値があがらない
そんな人のためのヒントになるような事を書いていきます

自分もそうだったのですが
適正な教材を適切な方法で使用しないと
何時間勉強しても
偏差値がまったく伸びません。
そういう状況の人には特に参考になると思います。

最後に

このサイトの管理人は
東大理科Ⅲ類に受かるぐらい頭がいいわけではないですけど
偏差値40の人間を70ぐらいにまで持っていく技術は多分あります。

なのでなんで東大医学部とかに行ってないくせに勉強法とか何で語ってんの?
みたいなコメントはやめてください。

あくまでできない人が、いかにできるようになるか、に目的を置いております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。