スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語 必読!学習法本の紹介

これから3冊の英語の学習法本の紹介をします。
沢山ある英語本の中でオススメはどれ?と聞かれたら僕はこの3冊をあげます。

まず初めは

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法
(2005/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る

です。

この本はインターネット上で無料で読めるのですが、買って損はありません。
恐らく机の上での学習方法はこの本で出尽くしてしまったのではないかと思います。空前絶後の英語本です。
特に瞬間英作文という学習方法が素晴らしいのですが、それ以外の方法論も素晴らしい。
学習法に限って言えば、一冊だけ読むならこれです。

次は

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
(1986/01/20)
千野 栄一

商品詳細を見る


です。外国語の勉強方に関して不変の真理が書いてあります。
内容は具体的なやり方というより外国語に対する態度(文法をしかりやれ、お金を払え..etc)が書いてあります。
なんと1986年の本ですが、未だに売れ続けているそうです。
ある意味古典なのに、ここまで残るという事はすごい事です
(そんな本書いてみたいです・・・)
きっとこれからも読まれ続けるのでしょう。

最後は

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
(2010/09/15)
Hiroyuki Hal Shibata

商品詳細を見る


です。上2冊は不変の真理が書いてあるのに対して
こちらの内容は現在における最新の英語学習法が記されています
(あ、この本もネットで8割位読めます)

この本の内容は英語上達完全マップの橋渡し的存在となっていて、上達マップで身についた方法論をどういう風に利用するか、ということについて書いてあります
(Lang-8もこの本で知りました。他にも有益な事が沢山書いてあります。)

多くの日本人が英語を英語、ただそれだけの為に勉強してしまうのですが、著者のHiroyuki Hal Shibataさんは英語はあくまで道具であり、英語を身に着けた先の世界を見てほしい、という思いでこの本を書かれたそうです
(本当は学習法より米国留学時代のblogの方を読んでくれた方がうれしいそうです)

僕自身、大学に入ってから具体的な意思をもって英語を勉強していたわけではなく、まあ話せればいいなあ位にしか思っていなかったのですが、この本に書いてある事を試していくうちに完全に意識が変わりました。

今では将来は本気で外国で医者をやろうと思うようにすらなりましたし、何より英語で知識を入れるのが楽しくてしょうがありません。

この本を読んで気がついたのは、今までの英語本はあくまでHow to study に終止したものだけだったということでした
(英語学習本以外ではそうじゃない本も沢山あったかと思うのですが・・・)

英語は目的でなく、あくまで道具です。それを使って何をするかが大切であり、結局の所、英語を勉強する理由は人そのものへの興味へと行き着くのだと思います。

人と交流するために英語を学ぶという
ある意味で一番大切な事を思い出させてくれたこの本に僕は感謝しています。

実は医学部受験の方法論の改訂に踏み切ったのは、

・英語上達完全マップ



・20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

の2冊を受験生に読んで欲しいから、というのが本心なのです。

まず英語上達完全マップ、のお陰で僕は英語が話せるようになりました。
もの凄い嬉しかった事を今でも思い出せますし、今でも嬉しいです
(まだ初級者に毛が生えた程度ですけどね・・・)

そして20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ、のおかげで英語を勉強する楽しさを見出せました。

長い受験生活を送っていくと、初めは何かやりたい事があって勉強していったはずなのに
そのうち勉強そのものが目的になっていき、果たして何のための受験なのかという理由を見失ってしまいがちです。

僕自身2浪もして、そこそこ疲弊しました。

僕のような無駄な努力はして欲しくない。
受験勉強なんて最速で突破して欲しい。

そんな思いから1年位前、医学部受験の方法論を書き上げました。

そして今回は

・日本人最大のコンプレックである英会話の習得技術



・そのコンプレックスを解消した後の先の世界

この2つを知ってもらいたい。

そのための改訂作業だったわけです。

あ、なんか最後の文章みたいですけど、もちろんこれからも改訂作業は続けていきますので、安心してください(笑)

ではこれからもどうか御贔屓に。
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kounotori0305

Author:kounotori0305
Twitter ID
@takasuka_toki

Mail address
takasuka-toki☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に変えて下さい)

某大医学部生。

昔、医学部受験の方法論というwikiを作りました。
ここでその改訂版を公開します。

このサイトの趣旨

頭のいい人のための勉強方法ではなく
どんなに勉強しても偏差値があがらない
そんな人のためのヒントになるような事を書いていきます

自分もそうだったのですが
適正な教材を適切な方法で使用しないと
何時間勉強しても
偏差値がまったく伸びません。
そういう状況の人には特に参考になると思います。

最後に

このサイトの管理人は
東大理科Ⅲ類に受かるぐらい頭がいいわけではないですけど
偏差値40の人間を70ぐらいにまで持っていく技術は多分あります。

なのでなんで東大医学部とかに行ってないくせに勉強法とか何で語ってんの?
みたいなコメントはやめてください。

あくまでできない人が、いかにできるようになるか、に目的を置いております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。