スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語 長文読解の技術

いわゆるパラグラフリーディングのことです。

普通のことを書いても面白くないので、少し違った切り口で書いていきます。

ためしに適当な英文をあげます
(英文は読まないで、大雑把に型だけを見てください。段落がいくつぐらいあって・・・とか)

  Graham did not have a single friend in his class. Most children have at least a couple of friends in their class, so why is it that some children are so unpopular?

   What people look like, the country they are from, their religion, physical weakness, or even an unusual name can make them unpopular. Children who are not good-looking may try to make themselves more popular by making people laugh. Others may pretend that don't care, but in fact they are deeply hurt by their unpopularity.

  The problem should be taken seriously by parents. It is not enough to simply move to another place. Children need to like themselves before they can except to be liked by others. We must try to repect our children and give them pride in themselves so that they will feel confident and know how to please others.

さて、英文にフォーマットみたいのがあること位はなんとなくわかったでしょう。解説します。

文の構造といったものはとっても大雑把に言えば

主張(俺はみかんが好きです。)
説明(だってうめえじゃん。)
再主張(だからみかんは素晴らしいのだー。)

となっています。この3つで1つの段落を形成します・

これが延々と繰り返されていって


(でも最近みかんの生産量がへっている)
(それはそういう政策ができたからです)
(なのでみかんの生産がへってんだよ!ああ、悲しい)

大体4~5の段落で一つの文章が完成します。

こういう流れを意識して、一つの段落が終わるたびに頭の中でミニ要約を作りながら英文を読むようになると、現代文の成績も上がるし、とってもお勧めです。

例えば上の日本語文でいえば

 ①段落 ああ、みかん好きなんだ。
→②段落 ああ、みかんの生産量減ってんだ
→①段落との関係を簡単に振り返って再度要約→ああ、みかん好きなんだけど、生産量が減って悲しいんだ。
→以下③段落以降も繰り返し・・・)
といった感じです。なれるまで大変ですけど、そのうち劇的に読解力が向上します。
文章要約も大雑把に言えばこれをやり続けていればできるようになります。

色々と参考書が出ているので、適当に面白そうな部分を漫画を読むかのごとく、つまみ食いするといいと思います(まじめに英語本文に取り組み必要はありません。技術が書いてある所を適当に拾い読みしてください)

オススメは


英文速読のナビゲーター―大学入試 (研究社ナビゲーター・シリーズ (4))1,英文速読のナビゲーター―大学入試 (研究社ナビゲーター・シリーズ (4))
(1997/07)
西 きょうじ

商品詳細を見る


横山ロジカル・リーディング講義の実況中継―大学入試2,横山ロジカル・リーディング講義の実況中継―大学入試
(2000/07)
横山 雅彦

商品詳細を見る


横山メタロジック会話英語講義の実況中継 (The live lecture series)3,横山メタロジック会話英語講義の実況中継 (The live lecture series)
(2004/09)
横山 雅彦

商品詳細を見る


佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本4,佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本
(2003/09)
佐々木 和彦

商品詳細を見る


上のどれか1冊でいいと思います。

1は普遍的な内容。2、3はちょっと突っ込んだ技術の書いてある本。
4は情報構造という技術の話になります。パラグラフリーディングが合わない人はこれも選択肢の一環として有効でしょう。

使用法としては、勉強に疲れた時に読書感覚で流し読みすればそれで十分です(僕が上に書いた読解方法程度で、入試には十分すぎます。)

とまあここまでは色々な本とかblogにも書いてあるんですけど、もちろん当サイトはそんな所にとどまりません。

次に現代文と英文読解の要素を併せ持った、おそらくまだどこも公開していないオリジナルメソッド、速読法を利用した、パラグラフリーディーングの技法というものを紹介します(後日現代文の記事とあわせて公開予定)
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして
最後の方に書かれているオリジナルメソッドがかなり気になります…(笑)

プロフィール

kounotori0305

Author:kounotori0305
Twitter ID
@takasuka_toki

Mail address
takasuka-toki☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に変えて下さい)

某大医学部生。

昔、医学部受験の方法論というwikiを作りました。
ここでその改訂版を公開します。

このサイトの趣旨

頭のいい人のための勉強方法ではなく
どんなに勉強しても偏差値があがらない
そんな人のためのヒントになるような事を書いていきます

自分もそうだったのですが
適正な教材を適切な方法で使用しないと
何時間勉強しても
偏差値がまったく伸びません。
そういう状況の人には特に参考になると思います。

最後に

このサイトの管理人は
東大理科Ⅲ類に受かるぐらい頭がいいわけではないですけど
偏差値40の人間を70ぐらいにまで持っていく技術は多分あります。

なのでなんで東大医学部とかに行ってないくせに勉強法とか何で語ってんの?
みたいなコメントはやめてください。

あくまでできない人が、いかにできるようになるか、に目的を置いております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。