スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語 要約編

英語でやるべき参考書のルートと到達目標を書いていきます。

ここに書かれた参考書の順番に受験勉強を進めてください。

第一段階(基礎編)

歌って覚える 英文法完全制覇(CD付)歌って覚える 英文法完全制覇(CD付)
(2005/08/10)
泉 忠司

商品詳細を見る


システム英単語 Ver.2システム英単語 Ver.2
(2005/02)
刀祢 雅彦、霜 康司 他

商品詳細を見る


システム英単語 Ver.2 (2) (駿台受験シリーズ)システム英単語 Ver.2 (CD) (駿台受験シリーズ)
(2005/04)
刀祢 雅彦、霜 康司 他

商品詳細を見る



英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式
(2005/05)
西 きょうじ

商品詳細を見る

もしくは

大矢英語読み方講義の実況中継大矢英語読み方講義の実況中継
(2002/07)
大矢 復

商品詳細を見る

これら三冊(+CD)は平行して進めてください。なお、システム英単語はこの段階では一章までで十分です。単語の覚え方は別記します(サイクル法と強制読書法という項目を読んでください。)

この段階での理解の到達目標は2つあります

1つめは英語の切れ目が見える事

例えば

I think the woman who is a pianist is very beautiful.

という文ならば、

I think/the woman/who is a pianist/is very beautiful.

と見えるようになってください。これが大学入試で一番必要な英語の知識といっても過言ではありません。

これは英語の勉強をはじめるにあたっての必要最低限の基礎です。この知識無しに勉強をスタートすると例え1000時間勉強しても偏差値が50ぐらいのまま、とかになるので注意してください。

2つめは、読むために必要な文法知識・文法用語知識を仕入れる(別記した読むための英文法論に詳しく書きます)と単語を入手していることです。

ここまですめば偏差値50~55といった所でしょうか。


第二段階(標準編)

基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
(2008/12)
桑原 信淑、杉野 隆 他

商品詳細を見る


これと平行して

決定版 センター試験 英語[文法・語句整序]の点数が面白いほどとれる本決定版 センター試験 英語[文法・語句整序]の点数が面白いほどとれる本
(2010/09/10)
竹岡 広信

商品詳細を見る


上2冊が終わったら
               ↓

パワーUP版 センター試験英語[読解]の点数が面白いほどとれる本パワーUP版 センター試験英語[読解]の点数が面白いほどとれる本
(2009/07/15)
竹岡 広信

商品詳細を見る


ここで基礎段階で得た『英語の切れ目が見える力』を慣れの段階へと昇華させます。

ここで注意しておきますが、予備校の授業のように構造を英文に書きながらやってはいけません。頭の中でとってください(英文解釈論で詳しく書きます)

また、文法問題を解く知識も同時に仕入れます。システム英単語の第二章もここでやりましょう。なお単語帳を使った英単語の暗記はここでいったん終わりです。この後は文章を読んで単語を仕入れていったほうが効率がいいです。

一通り慣れたら、センターの問題を使って少し長い文章を読む体力をつけます。

ここまでで偏差値55~62といったところでしょうか。

第三段階(発展編)


大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
(2008/04)
安河内 哲也

商品詳細を見る


大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)
(2008/04)
安河内 哲也

商品詳細を見る


上2冊と平行して


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る


後は少し難しめの長文を大量に読む+英作文の対策です。

英作文はどんどん話すための瞬間英作文トレーニングが出たことで劇的に対策が楽になりました。

この本の使用時期は非常に悩ましいです。本心を言うと、第一もしくは第二段階でやるべきだと思っています。この本に書いてある内容が定着していると明らかにその後の英語の成績の伸びが違うと思うからです。

ただ、今までの受験指導の経験上、この本を使わないで偏差値70近くまでいった生徒が多いということ、本当にこの本の良さを理解するのに少なくとも読むための英文法の知識が完璧であった方がよいと思うこと、があって、一応余裕がある受験生向けと考えここに位置づけました。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは長文読解と平行してやってください。やり方は別記します(サイクル法と強制読書法という項目を読んでください。後日追加予定。)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングに書いてあることが出来る様になったら、あとはどんな英作文の本でもこなす(理解する)ことが出来ます。

過去問をやるもよし、今まで使ってきた本を瞬間英作文するもよし、本屋で適当に難しそうな本を選ぶのもいいでしょう。

あえて僕が選ぶなら

大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編
(2009/08)
大矢 復

商品詳細を見る


大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編
(2010/01/18)
大矢 復

商品詳細を見る

を使うと思います。

ここまできたら偏差値70overといった所でしょうか。後は過去問を三年ぐらい暗記して、単語が足りないと思うのならシステム英単語の第三章をやってください。第四章、五章はいらないです。

リスニングは東大でも受けない限り、大学入試英語長文ハイパートレーニングに付いているCDを流し聞きしていれば十分でしょう。

それと発音・アクセント・文強勢は


新出題傾向対応版 センター試験英語「発音・アクセント・文強勢・会話・リスニング」の点数が面白いほどとれる本新出題傾向対応版 センター試験英語「発音・アクセント・文強勢・会話・リスニング」の点数が面白いほどとれる本
(2007/12)
竹岡 広信

商品詳細を見る


がいいと思います。名前動後や、カタカナ英語の正しいアクセントなどがよく出題されています。この本でキチンと知識を仕入れましょう。

ほかに何か必要そうなら和田秀樹先生もしくは荒川英輔先生の本の中から、適当になにかいい本でも選んで使うといいでしょう。この段階までくれば英語は圧倒的にほかの受験生より出来るようになっているはずです。
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

先日はお世話になりました。

この間メールさせていただいた秋田のshoheiです。
質問があります。
英語の問題集のやり方についてなのですが、書いて解いていたでしょうか?
今センター文法の面白いほどをやっているのですが、それは書かないで解く方法でやっています。(問題解いて、答え見て、英文暗唱)
しかし、こちらで紹介されているハイパートレーニングの問題集は書き込める形式のものになっていますよね?
あの問題集は直接書き込んだほうがいいですか?
それともコピーしてそれを解いたほうがいいですか?

Re: 先日はお世話になりました。

コピーは無駄です。
僕は(問題解いて、答え見て、英文暗唱) でいいと思います。

で、解けなかった問題に印をつけるぐらいでしょうか。

ありがとうございます

返信ありがとうございます。
コウノトリさんの方法でやって行きたいと思います。

地震の方で大変でしたが大丈夫でしょうか。
お体にお気をつけ下さい。
それでは。

質問です

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」について質問です

この本には第1~3ステージについての説明があるのですが

この本でクリアできるのは第1ステージですよね

このまま、大学入試のレベルの第3ステージに直接移行しても

構わないという事なのでしょうか?
プロフィール

kounotori0305

Author:kounotori0305
Twitter ID
@takasuka_toki

Mail address
takasuka-toki☆mail.goo.ne.jp
(☆を@に変えて下さい)

某大医学部生。

昔、医学部受験の方法論というwikiを作りました。
ここでその改訂版を公開します。

このサイトの趣旨

頭のいい人のための勉強方法ではなく
どんなに勉強しても偏差値があがらない
そんな人のためのヒントになるような事を書いていきます

自分もそうだったのですが
適正な教材を適切な方法で使用しないと
何時間勉強しても
偏差値がまったく伸びません。
そういう状況の人には特に参考になると思います。

最後に

このサイトの管理人は
東大理科Ⅲ類に受かるぐらい頭がいいわけではないですけど
偏差値40の人間を70ぐらいにまで持っていく技術は多分あります。

なのでなんで東大医学部とかに行ってないくせに勉強法とか何で語ってんの?
みたいなコメントはやめてください。

あくまでできない人が、いかにできるようになるか、に目的を置いております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。